読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れないようにメモっとく

機械学習とかプログラミングとか。

PyMC3で階層ベイズモデル - シックスネーションズ

この記事は、PyMC3のドキュメント A Hierarchical model for Rugby prediction — PyMC3 3.0 documentation のコードを引用しています。

PyMC3でラグビーの階層ベイズモデリング

元記事では、シックスネーションズ2014の各試合を階層ベイズモデリングしている。元記事自体も、プレミアリーグモデリングをした記事を元ネタにしているらしい。 A Hierarchical Bayesian Model of the Premier League

シックスネーションズ

シックスネーションズ、欧州チャンピオンを決める大会。2015年ラグビーワールドカップでジャパンがスプリングボクスから大金星を挙げて、ブームと呼べるほどの注目を集めたラグビーだけど、「シックスネーションズ」の知名度はまだまだ感がある。 でもでもおそらく、クラブ、インターナショナル、数あるフォーマットの中でも、最も歴史と伝統ある大会で、実力的にも北半球最強決定戦と言って差し支えないでしょう。 開幕戦は2/4, Scotland vs Ireland。矢野武さん風に言うと、「極上の5週間が始まります!」って感じ。

さて、元記事でのシックスネーションズの説明は、

名前の通り、欧州6カ国対抗戦。元々は、ホームユニオンと呼ばれるイングランドウェールズアイルランドスコットランドで行われていた大会。初開催は1883年。フランスが1910年に参加、2000年にイタリアが参加し、現在のフォーマットになった。ちなみにポール・オコンネルは、2014年に優勝したアイルランドのキャプテン。アイリッシュ魂を象徴するような、激しく気迫のこもったプレーが持ち味のリアルロック。全盛期は一個小隊に匹敵する戦力との噂も。 http://i.telegraph.co.uk/multimedia/archive/03571/paul_oconnell_3571133b.jpg

さて本記事は、2016年のデータを利用するわけだから、前年王者イングランドのキャプテン、Dylan Hartley(ディラン・ハートリー)を追記しよう。2015年ラグビーワールドカップ、開催地として上位進出が期待されていたものの、オーストラリア、ウェールズと同組のいわゆる「死のプール」で2敗。ワールドカップ史上初の開催国予選敗退を経験した失意のイングランドで、キャプテンに指名されたのは、ディラン・ハートリーだった。暴言や危険なプレーを繰り返し、「悪童」と呼ばれた巨漢HOのキャプテン就任は、ラグビー界にとって大きなサプライズ。指名したのは、元日本代表監督エディー・ジョーンズだった。 2016年はグランドスラム(全勝優勝)で大会を終え、その後のテストマッチでも負け無しで14連勝中のイングランド。今年のシックスネーションズでは、優勝候補の1番手だが、同時に世界新記録のテストマッチ19連勝も見えている。

http://i3.mirror.co.uk/incoming/article4633256.ece/ALTERNATES/s615/Dylan-Hartley.jpg

モデル化

https://pymc-devs.github.io/pymc3/notebooks/rugby_analytics.html#The-model.

前置きが長くなってしまった。 モデルの説明をざっくり書くと、

  • 得点をモデル化(ポアソン分布)
  • アタッキングパラメータとディフェンスパラメータを各チームごとに定義
  • 本拠地での試合かどうかも考慮
 log \theta_{g1} = home + att_{h(g)} + def_{a(g)}
 log \theta_{g2} = att_{a(g)} + def_{h(g)}

上式をみると、自チームのattと敵チームのdefの和が大きいと、得点も大きくなる。 attが大きいと得点能力が高く、defが大きいと相手にたくさん得点を与えてしまうことを意味している。 モデルの説明とかは、コードにコメントしておく。詳細知りたかったら元記事読んでね。 元データは、wikipediaより。 https://en.wikipedia.org/wiki/2016_Six_Nations_Championship

import numpy as np
import pandas as pd
try:
    from StringIO import StringIO
except ImportError:
    from io import StringIO
%matplotlib inline
import pymc3 as pm, theano.tensor as tt

# 2016 Six Nations
data_csv = StringIO("""home_team,away_team,home_score,away_score
France,Italy,23,21
Scotland,England,9,15
Ireland,Wales,16,16
France,Ireland,10,9
Wales,Scotland,27,23
Italy,England,9,40
Wales,France,19,10
Italy,Scotland,20,36
England,Ireland,21,10
Ireland,Italy,58,15
England,Wales,25,21
Scotland,France,29,18
Wales,Italy,67,14
Ireland,Scotland,35,25
France,England,21,31""")


# データ読み込み
df = pd.read_csv(data_csv)

teams = df.home_team.unique()
teams = pd.DataFrame(teams, columns=['team'])
teams['i'] = teams.index

df = pd.merge(df, teams, left_on='home_team', right_on='team', how='left')
df = df.rename(columns = {'i': 'i_home'}).drop('team', 1)
df = pd.merge(df, teams, left_on='away_team', right_on='team', how='left')
df = df.rename(columns = {'i': 'i_away'}).drop('team', 1)

observed_home_goals = df.home_score.values
observed_away_goals = df.away_score.values

home_team = df.i_home.values
away_team = df.i_away.values

num_teams = len(df.i_home.drop_duplicates())
num_games = len(home_team)

g = df.groupby('i_away')
att_starting_points = np.log(g.away_score.mean())
g = df.groupby('i_home')
def_starting_points = -np.log(g.away_score.mean())

model = pm.Model()
with pm.Model() as model:
    # global model parameters
    # 無情報事前分布
    home = pm.Normal('home', 0, tau=.0001)
    tau_att = pm.Gamma('tau_att', .1, .1)
    tau_def = pm.Gamma('tau_def', .1, .1)
    intercept = pm.Normal('intercept', 0, tau=.0001)

    # team-specific model parameters
    atts_star   = pm.Normal("atts_star",
                           mu=0,
                           tau=tau_att,
                           shape=num_teams)
    defs_star   = pm.Normal("defs_star",
                           mu=0,
                           tau=tau_def,
                           shape=num_teams)
    # チームごとアタック
    atts = pm.Deterministic('atts', atts_star - tt.mean(atts_star))
    # チームごとディフェンス
    defs = pm.Deterministic('defs', defs_star - tt.mean(defs_star))
    # ホームのθ(得点)
    home_theta  = tt.exp(intercept + home + atts[home_team] + defs[away_team])
    # アウェイのθ(得点)
    away_theta  = tt.exp(intercept + atts[away_team] + defs[home_team])

    # likelihood of observed data
    home_points = pm.Poisson('home_points', mu=home_theta, observed=observed_home_goals)
    away_points = pm.Poisson('away_points', mu=away_theta, observed=observed_away_goals)

with model:
    # 初期値
    start = pm.find_MAP()
    step = pm.NUTS(state=start)
    # サンプリング
    trace = pm.sample(2000, step, init=start)

# グラフ描画
pm.traceplot(trace)
# 最初のほう捨てたかったら
# pm.traceplot(trace[500:])

サンプリング結果は、traceに保持されている。 f:id:Akiniwa:20170204223048p:plain

atts、defsの各パラメータについて。まず、attsについて、これが大きいほど、得点能力が高いといえるだろう。逆に、defsは小さいほうが失点が少ないチームということを表現している。際立つイングランドのディフェンス。(イタリアぁ…)

pm.forestplot(trace, varnames=['atts'], ylabels=['France','Scotland','Ireland','Wales','Italy','England'], main="Team Offense")

f:id:Akiniwa:20170205174108p:plain

pm.forestplot(trace, varnames=['defs'], ylabels=['France','Scotland','Ireland','Wales','Italy','England'], main="Team Deffence")

f:id:Akiniwa:20170205174120p:plain

ちなみに、各パラメータは、varnamesとget_valuesで取得できる。

for name in trace.varnames:
    values = trace.get_values(name)[500:]
    if name in ('atts', 'defs'):
        for i, team_values in enumerate(values.T):
            print(name, teams.ix[i].values[0], np.median(team_values))
    else:
        print(name, np.median(values))

"""
>>>
home 0.197413525093
tau_att_log_ 2.36765017677
tau_def_log_ 1.62635825121
intercept 2.94638413619
atts_star 0.0243648852216
defs_star -0.0579292662131
tau_att 10.6722849008
tau_def 5.08532149318
atts France -0.316409735727
atts Scotland 0.102634304541
atts Ireland 0.0401948177547
atts Wales 0.188146988173
atts Italy -0.128166189509
atts England 0.11534176357
defs France -0.0267028885955
defs Scotland 0.0636352715494
defs Ireland -0.170924989081
defs Wales -0.139824762146
defs Italy 0.679569506375
defs England -0.391210743404
"""

パラメータの中央値を使った2017シックスネーションズの推定値↓ (注: あくまで2016のデータでモデリングした結果、こういう推定値が出せますというだけです。絶対にこのスコア通りになるというわけでは全然ないです。念のため。)

Scotland 21-21 Ireland
England 25-9 France
Italy 17-45 Wales
Italy 17-39 Ireland
Wales 18-18 England
France 18-20 Scotland
Scotland 22-24 Wales
Ireland 23-11 France
England 51-11 Italy
Wales 23-17 Ireland
Italy 19-27 France
England 27-14 Scotland
Scotland 50-17 Italy
France 14-22 Wales
Ireland 16-18 England

awkユーザーのためのPerlワンライナー

perl awk

awk(と他のコマンド)ユーザーがPerlワンライナーを覚えるとうれしいこと↓↓

  • -aオプションでawkと似たような書き方ができる(awkとの比較を参考)
    • カラム1とカラム2を表示
awk '{print $1, $2}'
perl -waln -e 'print $F[0], $F[1]'

 

  • awkよりperlの方が速い場合がある
    • 例えば-aオプションを使わないとき、$F[0]などをレコードごとに生成しないのでperlの方が速く実行できる場合がある(awkはレコードごとに$1などを生成する)
awk 'BEGIN{sum=0};{sum+=1};END{print sum}' file.txt
perl -wln -e 'BEGIN{my $sum=0}{$sum+=1}END{print $sum}' file.txt

 

  • 正規表現perlだけ覚えればいい(awk, sed, grepのコマンドごとに覚えなくていい)

  • 複雑なことをやろうとするときに拡張が楽(cpanモジュール使える、複数ファイルでも問題なし)

perlオプション

オプション 意味
-e スクリプトコマンドラインで実行
-w 警告
-n 暗黙のループ
-p 自動print
-l 行末処理
-a 入力レコードを配列@Fへ分割
-F INPUTセパレータを指定

特殊変数(awkとの比較)

perl awk 意味
$_ $0 最後に読み込んだレコード
$. NR レコード番号
$#F NF フィールド数
$/ RS INPUTレコードセパレータ
$\ ORS OUTPUTレコードセパレータ
$ARGV[0] FILENAME ファイル名
$, OFS OUTPUTフィールドセパレータ

そのほか

# $_にhogeが含まれる
perl -waln -e 'if(/hoge/) {print $_}' file.txt
# $_にhogeが含まれない
perl -waln -e 'if(!/hoge/) {print $_}' file.txt


# $F[0]にhogeが含まれる
perl -waln -e 'if($F[0] =~ /hoge/) {print $_}' file.txt
# $F[0]にhogeが含まれない
perl -waln -e 'if($F[0] !~ /hoge/) {print $_}' file.txt

# hogeをfooに置換
perl -waln -e '$_ =~ s/hoge/foo/; print $_' file.txt

温度のゆらぐランジュバン方程式

物理学 Advent Calendar 2014 - Adventar 20日目の記事です。

ブラウン運動を表現する確率微分方程式であるLangevin方程式とそれを拡張した温度のゆらぐLangevin方程式の話をします。 また、幾何ブラウン運動金融商品のモデル化に利用されたりするので、そのあたりについても少し触れます。

ブラウン運動

ブラウン運動は、簡単に説明すると、液体中の小さな粒子がランダムに動くような現象です。 水分子が不規則に衝突することによって、ブラウン運動が生じます。

f:id:Akiniwa:20141220154712p:plain

ランジュバン方程式

質量1のブラウン粒子について、速度をv、抵抗係数をγ(>0)、ガウス分布に従う項をη、その係数をαとすると、

{ \displaystyle
\dot{v} = -\gamma v + \alpha \eta(t)
}

のように書けます。第1項は速度とマイナスの積なので、速度と反対方向に作用する粘性力の項です。第2項はランダム項で、水分子の不規則な衝突に対応します。

f:id:Akiniwa:20141220155332p:plain

2次元空間でのランジュバン方程式を使ったシミュレーション結果

さて、幾何ブラウン運動金融商品のモデル化に利用されることがありますが、実際の価格変動をうまくモデル化できていないという批判があります。この方程式で記述されるブラウン粒子の速度分布はガウス分布に従うわけですが、実際の金融商品の価格変動はより裾の広い分布に従っているため、ガウス分布で想定されるよりも大きな価格変動が生じる可能性があります。

温度のゆらぐランジュバン方程式

温度のゆらぐランジュバン方程式では、新たなパラメータとしてβ(=γ/α2)を導入し、非線形なランジュバン方程式を表現します。βは統計力学における温度の逆数にあたります。 式の導出はこちらに載っているので省略しますが、このβがカイ2乗分布に従う形で変動します。また、βの変動はブラウン粒子を観測する時間幅よりも大きな時間スケールです(ゆっくり変動する)。

{ \displaystyle
\dot{v} = -\gamma F(v) + \eta(t)
}

f:id:Akiniwa:20141220165217p:plain

2次元空間での温度のゆらぐランジュバン方程式を使ったシミュレーション結果

この方程式では、ブラウン粒子の速度分布はガウス分布ではなく、より裾の広い分布となります。 実際にドル円の規格化したログリターンのヒストグラムのプロットをみてみると、正規分布(グリーンの線)よりも裾の広い分布で表現できていることが分かります。

f:id:Akiniwa:20141220170051p:plain

参考文献

Dynamical Foundations of Nonextensive Statistical Mechanics Phys. Rev. Lett. 87, 180601 – Published 10 October 2001 Christian Beck http://journals.aps.org/prl/pdf/10.1103/PhysRevLett.87.180601