読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れないようにメモっとく

機械学習とかプログラミングとか。

python-twitterの使い方(1)

python-twitter

twitterのフォローフォロワーのネットワークなどを調べたくて、python-twitterというモジュールを使ってみる。
twitterAPIも1.1に完全移行したらしいので、その辺りも書いていく。

python-twitterは以下のようにインストール。

git clone git://github.com/bear/python-twitter

cd python-twitter
python setup.py build
python setup.py install

application登録

https://dev.twitter.com/右上にSign inか自分のアイコンがあるので、ここからMy applicationをクリック。Create a new applicationをクリックして、Name、Description、Website(テキトーでいい)を登録。

Consumer key、Consumer secret、Access Token、Access Token Secretの4項目を取得できる。

python-twitterチュートリアル

こちらを参考。
Access Tokenとかは別に書いとく。

secret.py

twDict = {
    'consumer_key' : '****************',
    'consumer_secret' : '*************',
    'access_token_key' : '**************',
    'access_token_secret' : '*************'
}

secret.pyがimportできる状態で、apiオブジェクトを作成する。

import twitter
import secret

api = twitter.Api(                                                                                                                                                        
    consumer_key = secret.twDict['consumer_key'],
    consumer_secret = secret.twDict['consumer_secret'],
    access_token_key = secret.twDict['access_token_key'],
    access_token_secret = secret.twDict['access_token_secret']
)

twitterオブジェクト内で、よく使うクラスはApi、Status、Userなど。
python-twitterのドキュメントがしょぼいので、使いながら覚える感じ。デフォルト引数をもった関数が多い。
仕様はinspectを使いながら確認する。

import inspect

inspect.getargspec(api.GetFriends)
>>>ArgSpec(args=['self', 'user_id', 'screen_name', 'cursor', 'skip_status', 'include_user_entities'], varargs=None, keywords=None, defaults=(None, None, -1, False, False))